活性酸素について考える

活性酸素について考える

活性酸素について考えてみましょう。活性酸素とは、その名前を聞くと、本当に悪い作用なのかな?と思ってしまいますよね。
活性酸素そのものは必要なものとされています。しかし、それはある一定の値までです。
過剰発生することによって、さび付くという現象が起きます。いわゆる老化現象などです。
この活性酸素ですが、ストレスや喫煙、紫外線によっても過剰発生します。ストレスが身体に悪いというのはよく聞きますよね。
ストレスのせいで白髪になったり、髪の毛が薄くなったりもします。ストレスは活性酸素を過剰発生させてしまうのです。
何もストレスで活性酸素が発生すると髪の毛ばかりに影響を及ぼすわけではありません。影響を及ぼすもののひとつに髪の毛があるということです。
ですから、その他にも肌荒れ(大人ニキビなど)も起きますし、免疫力そのものを下げてしまう作用もあります。
不健康というのは間違いありません。
この活性酸素の過剰発生を抑制する効果があるのがプラセンタです。プラセンタのこの効果は健康面美容面のどちらにも効果があります。
活性酸素の免疫力低下はがんの発生にも関係していることが分かっています。がんとなると重大な病気であることは間違いありません。
活性酸素の過剰発生は抑制させるようにして、健康的な毎日を送りたいものです。